No.14 【Gibon EB-3 '62】

 


ボディー ホンジュラス・マホガニー単板
ネック  ホンジュラス・マホガニー・ワンピース
  ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)指板
  30.5インチ・スケール
ペグ クルーソン逆巻き
ピックアップ  
    フロント:ダブルコイル(ハムバッキング)
    リア  :ハムバッキング
コントロール フロント・ボリューム、フロント・トーン
    リア・ボリューム、リア・トーン
    4ポジション・ロータリー・ピックアップ・セレクター
     (1.フロント/2.リア/3.ミックス/4.フロント・ローカット)

 

         ※写真はクリックで拡大します


2012年購入

私にとって4本目のEB-3。

1本目は'68年、中学校2年生の春に母に買ってもらったGRECOのコピーモデル。
生まれて初めてのベースギターであった。
形は本物に似てはいるが、音は酷かった。
それでも高校1年生まではメインベースだった。

2本目は、'80年くらいに買った '72年製のGibson EB-3L。
ロングスケールでフロント・ピックアップの位置がブリッジ寄りにある。
EB-3らしからぬ音。

3本目は'05年、Gibsonが発売したSG Reissue Bass。
ご機嫌な弾き心地と、何にでも使える音色。
扱い易く優れたベースだが、スムース過ぎて味わいに欠ける。

3本とも使わなくなって手放してしまった。

 

ところが、生まれて初めてのベースギターがEB-3であったためか、
我が家に1本も無いと、寂しくなるのだ。
刷り込みなのだろうか…

あの姿。
あのポコポコブリブリした独特の音。
何故だか魅力を感じてしまう。
使わない筈なのに、見ると欲しくなるEB-3。
ヴィンテージ専門店にEB-3の出物があると、一応チェックしたりしていた。

EB-3と言えばジャック・ブルース、そしてアンディー・フレイザー。
彼等が使っていたのが'62年製。
Fender の Jazz Bass や Precision Bass も素晴らしい物が生まれた年である。
【'62年製】という言葉に特別な魅力を感じる。
しかしお値段も相当な額で、なかなか手が出ない。

 

2012年8月

'62年製の Fender Jazz Bass の素晴らしく綺麗な出物があった。
もし弾いてみて良かったら思い切って買おうと、
新大久保にあるヴィンテージ専門店【ハイパーギターズ】に試奏にいった。
とても綺麗に全てがオリジナルを保っていた。
ヴィンテージ物で【綺麗=使っていない=鳴らない】という常識通り
「どんなに頑張って弾いても、私が生きているうちには鳴り始めないだろう」
という頑固さを感じた。
購入を止めた。

せっかくお店に来たのだからと、他のベースを弾いてみる事にした。

そこに、気になっていた'62年製の EB-3 があったのである。

小さい。 軽い。 薄い。 可愛い。

何だか妙に魅力的な姿で、ちょこなんと立て掛けられていた。

早速弾いてみる。

とても弾きやすい。

思った通りのEB-3らしい音ではあるが、
意外にブリブリ感が少ない。
'70年代の物と違って、この頃の物は出力が大きくないのだ。
簡単には歪まない代わりに、様々な音色が出せる。
指先の細かいニュアンスが素直に出せる。
指のタッチがハッキリと音に出る。
右指の弾く位置でかなり音色が変わる。
歯切れ良く弾む様な音色は、ヤンチャな気持ちを掻き立ててくれる。
いつもは弾かない様なロックなフレーズで、思い切り暴れ回りたくなる。
30.5インチというスケールは、Alembic SSB の30.75インチより短い。
速いフレーズをコロコロとスムースに弾ける。
Cream や Free のフレーズだけでなく、
ジャコやスタンリー・クラークのフレーズを弾いても楽しい。
もちろん EB-3 であるから、扱いやすい音とは言い難い。
独特の癖がある。
しかしそれが何とも言えない味わいとなり、凄く魅力的な音。

「これは使い様によっては面白い事になるぞ」
何よりも弾いていて楽しい。

と思った瞬間に買う事にしていた。
'62年製 Jazz Bass を買いに行って、'62年製 EB-3 を買ってしまった。
円高の影響で、思った程高くはなかった。
Jazz Bass に比べたら三分の一のお値段。
それでも決して安くはないのだが、何だか得した様な気分になった。
値段の感覚は簡単に狂うものだ(笑)

4ポジション・ロータリー・ピックアップ・セレクターも問題無し。
各ノブのガリも除去されている。
ミュートもスムースに使える。

 

フロント・ピックアップは固定式で高さ調整が出来ない。
ボビンの上下ではあまり変化が無い。
例の『ブオーーーーン』という高音成分の無いどうしようもなくブッ太い音。
リア・ピックアップはお馴染みの『ポコポコブリブリ』の音。
リアは意外にシャキッとしたシャープな音も出る。
ミックスの音はどうしてもバランスが取れないので、使えない。
この時期のフロント・ピックアップ・カバーやリア・ピックアップ・エスカッションはプラスチック製で、クロームメッキが施されている。
それが擦れて剥がれて黒い地肌が見えている。
剥がれた姿もまた、味わいがある。
しかしなんで銀色に塗るのだろうか?
アメリカ人らしい感覚である。
リアのハムバッキング・ピックアップのカバーは金属製。
私は金属製のアームレストと、木製のフィンガーレストは取り外して使う。

 

ネックは適度な太さがあり、弾き易い。
マホガニー・ワンピースのネック(セットネック)は非常に折れやすく、この通り付根も薄くていかにも弱い。
折れずに無事に残っている個体は珍しいくらいだそうだ。
これは気をつけなくては。

 

ヘッドにはクラウン・インレイが入っている。
クルーソンのこのタイプのペグは弦を通す穴が小さい。
弦が細くなった部分を通さなければならない。
ちゃんとショートスケール用の弦を使わないと、写真の様に4弦だけ別の弦にしなければならなくなる。
ちなみにこの写真撮影時の1弦から3弦は、ロトサウンドのラウンドワウンド弦 SM 66 のロングスケール用である。
4弦は穴に入らなかった。
その後はロトサウンドのショートスケール・ラウンドワウンド弦、RS 66Sを使っている。
バランスが良くご機嫌である♪
ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)の指板が、長い年月で良い色になっている。


クルーソンの逆巻きペグは、その名の通り通常とは逆に巻く。
Fender の様に片方だけにあれば扱い易いが、Gibson の様に両側に分かれていると、 慣れが必要。
私はEB-2D '67年製 や Rickenbacker 1999 を使う内に、違和感が無くなった。



(写真提供:ハイパーギターズ)

Gibson EB-3 1962年製。
小さくて軽いから何処にでも持っていきたくなる。
このベースを持っている時の私は、ヤンチャで悪戯好きな小悪魔ベーシストかもしれない(笑)
何か斬新な事をしたくて、ウズウズしている筈だ。
ひょっとしたら、私にとって重要な武器になるかもしれない。

せっかく手に入れた'62年製。
こいつはもう
手放さずに持っていよう。

 

(写真撮影:佐藤勝也)

 

このページの上に戻る

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
copyright Nakamura Baijaku
http://www.baijaku.com