No.2 【 Fodera Monarch Yin-Yang 5strings '04 】

Fodera Monarch Yin-Yang 5st. '04

ホリーウッド(柊)/エボニー(黒檀)トップ
   アルダーバック
   34inchメイプル・デラックス(セット)ネック
   バーズアイメイプル+エボニー(黒檀)指板
   EMG PJ ピックアップ
   Fodera マイク・ポープ デザイン 
カスタム・サーキット
   Master Vol./ Master Tone, Balancer, Treble, Midd, Bass
   Standby SW,Passive/ Active SW


Fodera Monarch Yin-Yang 5st. '04

 

'04年購入。 '06.10.8.依知川伸一さんと(下北沢CLUB251にて)(撮影:瀬川寿子)

 

Victor Wooten シグネーチャー・モデル、Yin-Yangの5弦バージョン。
ボディーの白黒の陰陽模様は塗装ではなく、柊と黒檀を貼り合わせたもの。
黒檀の模様はネックにまで繋がっていて、複雑で美しい。
ヴィニー・フォデラの高度な職人技が発揮されている。
Victorご本人のはイエローウッド/パープルハートの組み合わせ。
この一本は柊/黒檀で作った変わり種。
指板のポジション・マークも無い。
Yin-Yangの5弦としては珍しいバージョンである。
VictorのHi-C仕様(E,A,D,G,C)とは違い、これはLow-B仕様(B,E,A,D,G)の5弦である。


 Fodera Monarch Yin-Yang 5st. '04
基本的にYin-Yangらしい強力なレスポンス。
クッキリした輪郭の音である。
弾き手の技術レベルや粗が、丸裸になる。
その分,高度な奏法にもしっかりと応えてくれる。

ボディーバックはアルダーのワンピース。
そのためか鳴りが凄い。
ミュートをしっかりしないと、勝手に他の弦が鳴り出す。

ピックアップは元々EMGのソープバー・タイプのPPの取り合わせだったが、私が自分でPJに変更した。
リアでJazz Bass の音を出したいからだ。
ピックアップ・バランサーがセンターポジションの時の1〜2弦の音は、PJにしてはJazz Bass に近いJJ的な音。

3〜5弦は深く落ち着いた音で、特に5弦の低域は30Hz辺りがズンズン出る。
或る意味ミキサー泣かせではある。

Fodera Monarch Yin-Yang 5st. '04
Fodera Monarch Yin-Yang 5st. '04


内蔵プリアンプは元々トレブル/ベースの2バンドだったが、マイク・ポープがデザ
インした'04年当時のニュータイプのトレブル/ミドル/ベースの3バンドタイプに変更した。
素直だが強力な効きで、原音の感触を損なわずに大きく変化させることが出来る。

4弦タイプより更に守備範囲は広く、2フィンガー、スラップ、タッピング、ピック弾き、リアピックアップでのフレットレス的なプレイ等々、どれも音楽的に素晴らしい出音で、これ一本でどんな曲にも対応出来る。

'05年から'09年まで、ライヴでもレコーディングでもメインベースだった。
レコーディングでは先ず、田中健さん/羽仁知治さんとのユニットで使用。

そして、遂に念願叶って実現した、
記念すべき私の初ソロCD 「Bright Fortune」 ('08年10月22日発売)でもメインベースとして活躍した。
初めての自分のソロアルバムという事でプレッシャーはあったのだが、
このベースがちゃんと私のいう事を聞いてくれたお蔭で、安心して音楽に集中することが出来た。
実に良い音を出してくれた。

【レコーディング中】

 

 

Yin-Yangの模様を見ていると、元気が出て来る様な気がする。
弾いていても、自分らしい音が出て行く安心感がある。

このベースに巡り会えて良かったと思う。
私の強力な武器である。

(写真撮影:光齋昇馬)

このページの上に戻る 

 

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。
copyright Nakamura Baijaku
http://www.baijaku.com